工芸

     
   

ラベンダー畑から広がる憧れの田園風景。繊細なステッチの描線が幾重にも重なり、鮮やかな色や光の流れとなって、画面全体にそよ風を吹かせています。特に人気の高い本作品は、今年出版の画集『岡田美佳 刺繍画の世界 ステッチ日和』(発行:㈱冨山房インターナショナル 123作品掲載)の表紙を飾っています。


絵筆のように自在なステッチと、大胆かつ精緻な素材や色使いにより、新しい絵画表現を求める刺繍画家・岡田美佳。本作は、彼女が長年描いてきた“食卓の風景”の代表的作品。昼下がりの庭は、鮮烈な色彩と輝きに満ち、レリーフに似た実在感と質感のある料理が歓びと幸せを伝えます。瑞々しい感性が捉えた心温まる世界に魅了されます。

   

 
 

岡田美佳

OKADA MIKA

 
1969年東京都生まれ。
幼少期より絵画、織物、染色など多様な創作活動により芸術的な才能を開花させる。後に敬愛する安野光雅作品を刺繍で模写したことを機会に、革新的な技法により独自の世界観を表現する刺繍画を生み出す。
1992年より個展を海外や全国各地の美術館やギャラリーで開催、近年はミキモトギャラリー、銀座伊東屋、東急百貨店など。「暮らしの手帖」「銀花」「刺繍通信」他新聞各紙で特集記事が掲載される。
『岡田美佳 刺繍画の世界 ステッチ日和』㈱冨山房インターナショナル

 
     

一覧へ戻る