洋画

     
   
HARAKO(ハラコ=原子)は私のデザインしたキャラクターです。生命の根源を意味する原子のイメージを図案化し物語りの主人公として発展させていくシリーズであります。<br />
今回は「ハラコ・ナカヨキハートフミフミテン」と題した変形100号の油彩画を発表させていただきました。自宅に手造りの展示室を設け『アトリエわく』展としての集客を目的とする個展であります。どうぞよろしくお願い申し上げます。
作品「芸術の視線」は、西欧美術歴代の巨匠達の作品に代表される、様々なスタイルやマチエールを一つの画面にコラージュし【多様性=調和と統合を図った】試作品です。この作品は、2013年5月のアート・モナコ会場に発表し好評を得ました。artmonaco2013/Eyes of the Artと題しまして、作品の中から鑑賞者に向けられる芸術家達の視線をコンセプトに描きました。
この大壁画は、今から22年前に長野県上田市の室内温水プール施設「アクアプラザ上田」建築事業に伴い制作依頼を受け、全てハンドメイキングで描いた2面大壁画です。準備期間を含め現場制作は丸4ヶ月間、一筆一筆魂を込めて完成させた私の記念すべき壁画デビュー作品。<br />
同館入館者300万人突破を祝しご紹介申し上げます。
NYとSANTAFEのアートフェアに訪れたアートコレクターの意向で描いた100号3部作の1作目です。<br />
アトミックとクオンタとの認識を経て人類は神の真実へと進化して行くと言ふ、精神世界を原子と量子と真実と言う3美神に表現しました。<br />
2012年2月前橋での新春アートフェアに発表し大好評いただいた最新作です。

   

 
 

松本和久

MATSUMOTO WAKU

 
1958年
1977年
1982年
 
1985年
 
1988年
 
1991年
2001年
 
2007年
 
2008年
2010年
2011年
2012年
 
2013年
 
2015年
群馬県生まれ
武蔵野美術学園短大にて学ぶ
群馬青年美術展(現・群馬青年ビエンナーレ)で優秀賞受賞、
群馬県立近代美術館買上となる
初の渡欧。スペイン・マドリード「ファクルタード・デ・ベジャス
アルテス」留学
松本和久展が前橋スズランデパートで開催される
(91年高崎・広瀬画廊企画個展)
AJAC「日本と世界の現代美術」展出品(2007年まで)
アート・G・アースリング展(国民文化祭ぐんま自主企画)を
企画・プロデュースする
松本和久展が青山・PROMO-ARTE PROJECT GALLERYで開催される
(同08年、10年)
ブラジル AJAC no Brasil SANTOS 2008出品
伝統と現代の意匠展出品
Art SantaFe2011出品(2012年同)
RED DOT ART FAIR MIAMI 2012出品
S.O.A.F-Soul Open Art Fair2012出品
ART MONACO 2013出品
アクアプラザ上田大壁画の作者たち展出品
RED DOT ART FAIR MIAMI(アメリカ・フロリダ州マイアミ)
 
WAKU-ART 松本和久オフィシャルホームページ

 
     

一覧へ戻る